松蔭高校の沿革

昭和15年
(1940)
愛知県中川中學校として開校。専任初代福山富雄校長、戦時下の殺伐たる風潮の中、敢えてエレガントで理知的な校風を持つ"名古屋の学習院”たらんことを目指す。
昭和20年
(1945)
空襲により校舎焼失。
昭和22年
(1947)
新校舎完成!
昭和23年
(1948)
4月、学制改革により新制愛知県立中川高等学校となる。10月、愛知県立惟信高等学校と統合され、愛知県立松蔭高等学校と改称される。
昭和24年
(1949)
惟信高等学校分離。
昭和27年
(1952)
校歌制定(作詞:丸山薫、作曲:山田昌弘)
昭和34年
(1959)
伊勢湾台風の甚大な被害を受ける。
昭和45年
(1970)
創立30周年記念式典(記念講演:作家 城山三郎氏) 男子ハンドボール部、第21回全日本高等学校ハンドボール選手権大会第三位!
昭和53年
(1978)
ソフトテニス部、インターハイ出場 !
昭和55年
(1980)
創立40周年記念式典(記念講演:学習院大学教授 香山健一氏)
昭和57〜61年
(1982〜86)
陸上部、連続5年インターハイ出場、優勝のべ二回、入賞五回!国体優勝一回!
平成2年
(1990)
創立50周年記念式典挙行 校歌碑完成
平成5〜11年
(1993〜99)
男子サッカー部、インターハイ&全国高等学校サッカー選手権大会に6回出場!
平成12年
(2000)
創立60周年記念式典挙行(記念講演:前国立言語研究所長・名古屋外国語大学学長・本校第四回卒業生水谷修氏、記念演奏:ピアニスト第33回卒業生原口摩純氏)
和太鼓部、三度目の全国高等学校総文祭出場!
平成13年
(2001)
男子サッカー部&男子ハンドボール部によるダブルインターハイ出場達成!
書道同好会初の全国高等学校総文祭出展!
平成14年
(2002)
男子ハンドボール部、全国高等学校ハンドボール選抜大会ベスト8!体操部(個人)初のインターハイ出場!
平成15年
(2003)
陸上部 やり投げ 東海大会第二位 インターハイ出場!
書道同好会 全国高等学校総文祭出展!
平成22年
(2010)
創立70周年記念式典挙行(記念講演:名古屋観光ホテル取締役総料理長・本校第20回卒業生森繁夫氏、記念演奏:ピアニスト第33回卒業生原口摩純氏)
平成24年
(2012)
男子サッカー部 U-18フットサルトーナメント全国大会準優勝
平成25年
(2013)
災害時における柳小学校との連携協定が結ばれる
平成26年
(2014)
男子ハンドボール部、第37回全国高等学校ハンドボール選抜大会に出場!
男子ハンドボール部員、日本代表としてユースアジア選手権大会出場!